<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    上海リリィ

    0

       Gustav Meyrinkの”Der Opal”を読了。
      ドイツ幻想文学の雄とも言うべきグスタフ・マイリンク。
      このジャンルには珍しく評価も高い作家だけど、その評価は『ゴーレム』一作に対するものばかりで、そこはちょっと可哀相な感じ。
      でもま、幻想文学ファンには超有名な存在な筈。

      邦訳は、長編では『ゴーレム』(河出書房)『西の窓の天使』(国書刊行会)『緑の顔』(創土社)、短編集に『ナペルス枢機卿』(国書刊行会)があって、他にも白水社Uブックスの『ドイツ幻想怪奇傑作集』や国書の『現代ドイツ短編集』、筑摩書房の『奇譚の箱』等々アンソロジーに収録されたものがちらほら。
      ちなみに私は『ナペルス枢機卿』が一番お気に入り。
      あ、あというか今年出た『怪奇・幻想・綺想文学集 種村季弘翻訳集成』に『こおろぎ遊び』他四編が入ってるんだ!これにはホフマン、ヤーン、ゲルト・ガイザー、パニッツァ、シュオッブ、マンツォーニなどなどなど盛りだくさんの一冊で、できれば一家に一冊!

      で、”Der Opal”。
      マイリンク最初期の短編(5ページくらい)。
      イギリス人ハーグレイブが、植民地時代のインドでの恐怖体験を回想する話。
      一緒に読んだ人には「装飾過多」「もっとすっきり書いたらきれいになるかも知れないのに」と言われてしまったけども、そこはマイリンクファンにとっては寧ろ良いところ。
      私は「装飾過多」と言われて嬉しかった(笑)。悪趣味美学、的な。
      でもまあこの作品は特にそういうところを出してたかなあ、とは、思わないでもない。


      それから先日早稲田古本市で手に入れた「まんが専門誌 ぱふ」が良かった。
      「特集・82年まんがベストテン!!」「特集・山岸凉子1」「特集・木原敏江の世界」の三冊を買ったんだけど、あ〜いいなあ。
      「82年まんがベストテン!!」では「主演女優賞」とか「助演男優賞」とか発表してて面白かった。
      主演男優賞のベスト3が全員私の大好きな方々で感動
      1.エーベルバッハ少佐❤(青池保子『エロイカより愛をこめて』)
      2.厩戸王子❤(山岸凉子『日出処の天子』)
      3.黄子満❤(森川久美『南京路に花吹雪』)

      でもね、エーベルバッハさんは実は主役じゃないんだよお〜!!
      この辺の勘違いは今も昔も変わらないのが面白い。ちなみに彼は助演男優賞の第二位にも選ばれてます(笑)。
      で、一位が蘇我毛人!!!なんで!?むかつく!!!
      と思ったけど、まだ最後まで連載してないときだったから仕方ないのかも。。。
      刀自子が助演女優賞2位なのは嬉しい。
      それから日渡早紀も河惣益巳も波津彬子も新人だった、というのに妙に感動。当たり前だけど。
      DOZI様(木原敏江)のロングインタビューもあるし、摩夜峰央の爆笑コメントもあるし、変えて良かった、「ぱふ」!!


      あとはシティハンターを読みなおしたり津原泰水『11』を読んだり司馬遼太郎『国盗り物語』『義経』を読んだり。細川幽齋かっけ〜。
      今日はロバート・ホワイティング『東京アンダーワールド』をブックオフで百円でげっと。楽しみです。

      8sevenstars8 * 読書いろいろ * 19:55 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      英雄豪傑

      0

        時代小説ブームが来ています。
        山田風太郎に始まり、司馬遼太郎、和田竜、津本陽、山本兼一等々、戦国〜幕末あたりの時代小説に絶賛ハマリ中。
        今一番読んでみたいのは子母沢寛(座頭市の原作者)の新撰組三部作。

        面白いのは、郷土愛が深まっていくこと(笑)。
        たとえば『燃えよ剣』なんて、昔読んだ時はただひたすら土方に憧れたけど、今読むとそれプラス、あの人が自分の隣町出身なことへの誇りが沸いてくる。
        多摩っぽさ、武蔵野っぽさというものを意識するようになったんだろうなー。
        高校までは田舎者の自覚が無かったけど、大学に入ったら馬鹿にされまくってめちゃくちゃ悔しかった。でも逆にそのおかげで自分の育った土地の空気感みたいなものを感じられて今は面白いと思う。
        旧国名って重要だわ〜。

        ちなみに立原正秋も一遍新撰組ものを書いていて(『橋の上』)読んでみたんだけど、これは微妙だった…(角川文庫のアンソロジーに収録)。
        永倉新八が、維新後にかつて殺した伊東甲子太郎の弟鈴木三樹三郎と再会したときの話。
        なんかな〜。悪い意味でセンチメンタル。
        立原さんの恋愛小説(あと容姿w)が結構好きだったので期待したんだけどこれはちょっといただけなかった。

        ★★★
        今年始めに決めた「超有名だけど読んでない小説を読む」計画、第二段は菊池寛でした。
        菊池寛といえば『藤十郎の恋』『恩讐の彼方に』で、ちょうどその二編を含む短編集が新潮文庫から出ていたので読むことに。
        偶然にも、これまた全編歴史もの。

        まず『恩讐の彼方に』を読んで、普通に感動。でもどこかで読んだことがあった。教科書とか?
        主君を殺してまで奪い取って連れ沿ってきた妻の浅ましさを見て我が罪に気付く、というところに説得力があったなあ。
        「こんなことが人にできるのか・・・!」という感動は、スポ根マンガの読後感に似ているような気がしないでもない。

        それから、役者に入れあげたかつての恋を語る老夫人を描いた『ある恋の話』も面白かった。
        この老夫人、ただ役者に恋した、というだけじゃなくて、その役者の普段の姿を見て心底幻滅して軽蔑さえしている。つまり、役者本人ではなく舞台上で演じている人物」だけに恋していた、という設定。
        この恋の話を、聞き手でありこの物語においては語り手にあたる人は「ロマンチックな人間離れをした恋」と評し、
        「世の中に生きている、見にくい男性に愛想を尽かした祖母(=老婦人)は、何時の間にか、こうして夢幻の世界の中の美しい男に対する恋を知っていたのです。私は、こうした恋を為し得る、祖母の芸術的な高雅な人柄に、今更のような懐かしみを感じて(…)」
        と言っています。
        ・・・面白い!(笑)
        この祖母、今風に言うなら腐女子、ジャニヲタ、アニヲタ的な存在に違いない!
        それが「芸術的な高雅な人柄」と言われるところが面白い。
        あ、というより、「化粧を落としたら別人のようでガッカリしたけど、でも化粧後の顔が大好きだからファンでいつづける」バンギャに近いのか。
        確かに、言い寄られても「ステージ上でのあなたが好きなの」と言ってキッパリ断る気概をもったバンギャってことは、高雅な性質を持っているということになるかも知れない。

        で、一通り読んでみた結果。
        菊池寛は、モロ純文学作家だと思ってたけどそうでもない。というかむしろ大衆小説寄り。
        だから普通に読みやすくて、面白い。
        でも新しさはない。
        彼が活躍した当時は、ヒューマニストとしての立場から、かなりメッセージ性のある作品を発表したということになっているらしいけど、今読んでも、そこまでのことはちょっと伝わらないかな〜。と、私は思いました。

        そういえば昔流行ったドラマ『真珠夫人』の原作も菊池寛だったし、やっぱり万人を楽しませる大衆小説が得意だったのかも。
        余談だけど当時私は真珠夫人の種彦が大好きで、「種ちゃん」と呼んで贔屓にしていました。懐かしい。


        8sevenstars8 * 読書いろいろ * 21:03 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        去年のリストと読書近況

        0

          中学生に文学史など教えていると、ああなんか、年下には偉そうなこと言って説明しときながら読んでないの多すぎだろ、と自分を罵倒したくなる瞬間が何度もあって、かなり悔しくなったので、名前だけ知ってて読んでない(日本)、というやつは出来る限りこの一年で読んでしまおうと決意いたしました。

          そのコンセプトに則って読んだ志賀直哉
          芥川龍之介が私淑しているって言ってたような気もするしってこともあってまずは『暗夜行路』から。
          陰々滅滅たる雰囲気でどろーり進む一代記、だと思ってたのだけど、ううううん、これは、文学部の嫌な言葉でいうところの「アクチュアリティゼロ」ってやつなんじゃ…と思ってしまった。

          主人公の苦しみは、
          ・なぜか結婚に失敗する
          ・なぜか父親が自分に冷たい
          というのが始まりで、その原因に自身の出生の秘密、すなわち「母親と(彼の大嫌いな)祖父との不義の子」があったと知ることで更に深まる。

          これだけ読むと確かに苦しそうなんだけど、全体通して読むと、そんな息子でも一応は育ててくれて養育費も出してくれている父がいて、差別せずに接してくれる兄がいて、小説で生きて行くこともできていて、一目惚れした女性と結婚できて、何がそんなに不満なんですか?みたいな気分になる話なんである。。
          いや、それでも主人公が苦しくて苦しくて仕方ない様子なら、甘えだ、なんて思わないんだけど、それほど苦しんでいる風でもない。
          なんだか中途半端で、なぜこれがここまで名高い小説になったのか、イマイチ分からない。時代の風潮だろうか。
          という疑問が沸いてきたので軽く調べてみると、心理描写やなんかよりも風景描写の上手さとか、その辺りの評価が高いみたい。ああそれならと、納得。
          で、長編よりも短編の方に彼の真髄はあるのだ、なんてのもよく見かけたので、ちくま文庫の短編集を購入。有名な『小僧の神様』『清兵衛と瓢箪』等々読んでみた。
          結果。
          読み物として面白いけど、それ以上の感想は出てこなかった。
          私と志賀直哉の相性は、どうやらあまり良くないようです。
          でもやっぱり、こうやってちゃんと何冊か読んでから好き嫌いを決めるのは楽しいなあ。

          唐十郎『佐川君からの手紙』
          実は恥ずかしながら初挑戦の唐十郎。
          これはー良かった!
          フランスでオランダ人女性の肉を食らったことで有名な佐川一政との文通から始まる、幻想的な話。
          現実と妄想が入り乱れて混乱させられて気持ちよかった。
          ハンス・ベルメール狂いのシモンとフランスへ行った時の話も好きだ。四谷シモン。
          集めよ。

          町田康『スピンク日記』『耳そぎ饅頭』を、一気に読む。
          スピンクは町田さんのスタンダードプードル。日に何度も写真を見てしまうくらいカワイイ。
          これは買いです。
          『耳そぎ饅頭』は30代の頃のエッセイ集。何度か爆笑。
          突然「辻斬り」とか「尾張」とか混ぜるあのセンスが最高なんだよな〜。大好き。ほんと。
          レポートが終わったら『権現の踊り子』を読もう。



          以下、2011年に読んだ本&映画

          ★Books
          ・『インドへの道』 E.M.フォースター(瀬尾裕)
          ・『不敬文学論序説』 渡部直己
          ・『楢山節考』 深沢七郎
          ・『山椒魚・逢拝隊長』井伏鱒二
          ・『ノルウェイの森・上』 村上春樹
          ・『ノルウェイの森・下』 村上春樹
          ・『暴力団追放を疑え』宮崎学
          ・『とっておき名短編』 北村薫&宮部みゆき・編
          ・『苦役列車』 西村賢太
          ・『生家へ』 色川武大
          ・『奇想短編集』 山田風太郎
          ・『明日物語』 阿刀田高
          ・『夜と霧の隅で』 北杜夫
          ・『ドリアン・グレイの肖像』 オスカー・ワイルド(福田恒存)
          ・『生きてるだけで、愛』 本谷有希子
          ・『さかしま』 J.K ユイスマンス(澁澤龍彦)
          ・『シュルレアリスムとは何か』 巌谷國士
          ・『シュルレアリスム』 パトリック・ワイドベルク(巌谷國士)
          ・『世紀末画廊』 澁澤龍彦
          ・『須永朝彦全集』須永朝彦
          ・『乳と卵』 川上美映子
          ・『彼方』 J.K ユイスマンス(田辺貞之助)
          ・『紅い花』 ガルシン(神西清)
          ・『ムッシュー・アンチピリンの宣言』トリスタン・ツァラ(塚原史)
          ・『暗渠の宿』 西村賢太
          ・『どうで死ぬ身の一踊り』 西村賢太
          ・『人間ぎらい』 モリエール(内藤濯)
          ・『怠けものの話』 ちくま文学の森シリーズ(オムニバス)
          ・『名短編・ここにあり』 北村薫&宮部みゆき・編
          ・『河童・或る阿保の一生』 芥川龍之介
          ・『谷崎潤一郎マゾヒズム小説集』 谷崎潤一郎
          ・『堕落論』 坂口安吾
          ・『トオマス・マン短編集』 トオマス・マン(実吉捷郎)
          ・『われらの時代』 大江健三郎
          ・『火宅の人・上』 壇一雄
          ・『火宅の人・下』 壇一雄
          ・『辻が花』 立原正秋
          ・『春の雪』 三島由紀夫
          ・『クロック紹介』 フリードリッヒ・グラウザー(種村季弘)
          ・『廃疾かかえて』 西村賢太
          ・『一私小説書きの弁』 西村賢太
          ・『心が雨漏りする日には』 中島らも
          ・『中島らものたまらん人々』 中島らも
          ・『武田麟太郎・坂口安吾・織田作之助 集』
          ・『久生十蘭ジュラネスク』 久生十蘭
          ・『牢屋でやせるダイエット』 中島らも
          ・『アマニタ・パンセルモ』 中島らも
          ・『中島らも烈伝』 鈴木創士
          ・『永遠も半ばを過ぎて』 中島らも
          ・『岸和田少年愚連隊』 中場利一
          ・『根津権現裏』 藤澤清造
          ・『ひざまづいて足をお舐め』 山田詠美
          ・『オリムポスの果実』 田中英光
          ・『さかだち日記』 中島らも
          ・『異人伝 中島らものやり口』 中島らも
          ・『くっすん大黒』 町田康
          ・『外人部隊』 フリードリッヒ・グラウザー(種村季弘)
          ・『空からぎろちん』 中島らも
          ・『ヴァルザーの詩と小品』 ローベルト・ヴァルザー(飯吉光夫)
          ・『ひとりっきりの戦争機械』 鈴木創士
          ・『全ての聖夜の鎖』 らもん
          ・『マダム・エドワルダ』 ジョルジュ・バタイユ(生田耕作)
          ・『ギャング・オブ・ニューヨーク』 ハーバード・アズベリー(富永和子)
          ・『女たち』 フィリップ・ソレルス(鈴木創士)
          ・『逢う』 中島らも
          ・『いねむり先生』 伊集院静
          ・『アントナン・アルトーの帰還』 鈴木創士
          ・『君はフィクション』 中島らも
          ・『人間小唄』 町田康
          ・『ぶらんこ乗り』 いしいしんじ
          ・『奔馬』 三島由紀夫
          ・『兎の眼』 灰谷健次郎
          ・『戦前の猟奇残酷事件簿』志村有弘
          ・『絶望の書』 辻潤
          ・『自叙伝・日本脱出記』 大杉栄
          ・『神の裁きと訣別するため』 アントナン・アルトー(鈴木創士)
          ・『死霊の恋・ポンペイ夜話』 ゴーチェ(田辺貞之助)
          ・『実録やくざ映画で学ぶ抗争史』山平重樹
          ・『やくざ外伝 柳川組二代目』 猪野健治
          ・『室生犀星集・童子 他』室生犀星
          ・『忘れられた女神たち』 川本三郎
          ・『スタア黄金時代』 淀川長治
          ・『花のノートルダム』ジャン・ジュネ(鈴木創士)
          ・『小さな部屋 明日泣く』 色川武大
          ・『本と怠け者』 萩原魚雷
          ・『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』 増田俊也
          ・『性欲の触手』武林無想庵
          ・『人を殺すとはどういうことか』 美達大和
          ・『密林の語り部』 パルガス=リョサ(西村英一郎)
          ・『崖っぷち』 フェルナンド・パジェホ(久野量一)
          ・『へらへらぼっちゃん』町田康
          ・『原田芳雄エッセイ集 B級パラダイス


          ★Movies
          ・『新仁義なき戦い 組長最後の日』(1976 深作欣二)
          ・『北陸代理戦争』(1977 深作欣二) 
          ・『その後の仁義なき戦い』(1974 工藤栄一)
          ・『青春の殺人者』(1976 長谷川和彦)
          ・『仁義の墓場』(1975 深作欣二)
          ・『岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説1』(2001 冨坂武志)
          ・『蘇る金狼』(1979 村川徹)
          ・『左ききの拳銃』(1958 アーサー・ペン)
          ・『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』(2009 ジョニー・トー)
          ・『CURE』(1997 黒沢清)
          ・『カリスマ』(1999 黒沢清)
          ・『サテリコン』(1996 フェデリコ・フェリーニ)
          ・『ジョニー・ハンサム』(1989 ウォーター・ヒル)
          ・『レスラー』(2008 ダーレン・アロノフスキー
          ・『オール・アバウト・マイ・マザー』(1999 ペドロ・アルモドバル)
          ・『難波金融伝 ミナミの帝王22 男たちの過去』
          ・『県警対組織暴力』(1975 深作欣二)
          ・『岸和田少年愚連隊』(1996 井筒和幸)
          ・『のだめカンタービレ 最終章 後篇』(2010 武内英樹)
          ・『地獄に堕ちた勇者ども』(1969 ルキノ・ヴィスコンティ)
          ・『ブラック・レイン』(1989 リドリー・スコット)
          ・『七人の侍』(1954 黒澤明)
          ・『ミナミの帝王 金になる経歴』(2005)
          ・『ノトーリアスB.I.G』(2009 ジョージ・ティルマン)
          ・『夜になるまえに』(2001 ジュリアン・シュナーベル)
          ・『モンガに散る』(2010 ニウ・チェンザー)
          ・『ミナミの帝王1 トイチの萬田銀次郎』(1992)
          ・『ミナミの帝王2 』
          ・『悪魔が来りて笛を吹く』(1979 斎藤光正)
          ・『ムカデ人間』(2009 トム・シックス)
          ・『仁義なき戦い』(1973 深作欣二)
          ・『死国』(1999 長崎俊一)
          ・『恐怖』(2010 高橋洋)
          ・『紀子の食卓』(2006 園子温)
          ・『冷たい熱帯魚』(2010 園子温)
          ・『ギャング・オブ・ニューヨーク』(2002 マーティン・スコセッシ)
          ・『仁義なき戦い 広島死闘編』(1973 深作欣二)
          ・『女囚さそり けもの部屋』(1973 伊藤俊也)
          ・『女の賭場』(1966 田中重雄)
          ・『ピラニア3D』(2011 アレクサンドル・アジャ)
          ・『東海道四谷怪談』(1959 中川信夫)
          ・『地獄』(1960 中川信夫)
          ・『亡霊怪猫屋敷』(1958 中川信夫)
          ・『怪談 累が渕』(1957 中川信夫)
          ・『女賭場荒らし』(1967 弓削太郎)
          ・『うなぎ』(1997 今村昌平)
          ・『ミナミの帝王 システム金融』(1999 萩庭貞明)
          ・『ミナミの帝王 アリバイ証明の罠』(1999)
          ・『ミナミの帝王 金貸しの条件』(1993)
          ・『ハーヴェイ・ミルク』(1984 ロバート・エプスタイン、リチャード・シュミーセン)
          ・『カラヴァッジオ』(1986 デレク・ジャーマン)
          ・『ブロウ』(2001 テッド・デミ)
          ・『NINE』(2009 ロブ・マーシャル)
          ・『エグザイル/絆』(2006 ジョニー・トー)
          ・『新鞍馬天狗』(1965 安田公義)
          ・『惑星ソラリス』(1972 タルコフスキー)
          ・『鏡』(1975 タルコフスキー)
          ・『座頭市 地獄度』(1965 三隅研次)
          ・『クライ・ベイビー』(1991 ジョン・ウォーターズ)
          ・『代紋 地獄の盃』(1965 松尾昭典)
          ・『兵隊やくざ』(1965 増村保造)
          ・『拳銃の町』(1944 エドウィン・L・マリン)
          ・『用心棒』(1961 黒澤明)
          ・『浪人街』(1989 黒木和雄)
          ・『白夜』(1957 ルキノ・ヴィスコンティ)
          ・『花の白虎隊』(1965 田坂勝彦)
          ・『ゴモラ』(2008 マッテオ・ガッローニ)
          ・『BIUTIFUL』(2010 アレハンドロ・ゴンザレス)
          ・『ツリー・オブ・ライフ』(2011 テレンス・マリック)
          ・『続・兵隊やくざ』(1965 田中徳三)
          ・『眠狂四郎 殺法帖』(1963 田中徳三)
          ・『パラノーマル・アルティビティ3』(2011)
          ・『モハメド・アリ かけがえのない日々』(1996 レオン・ギャスト)
          ・『波止場』(1954 エリア・カザン)
          ・『ステキな金縛り』(2011 三谷幸喜)
          ・『スティング』(1973 ジョージ・ロイ・ヒル)
          ・『鬼火』(1997 望月六郎)
          ・『大鹿村騒動記』(2011 阪本順治)
          ・『恋の罪』(2011 園子温)
          ・『アンタッチャブル』(1987 ブライアン・デ・パルマ)
          ・『ラスト・タンゴ・イン・パリ』(1993 ベルナルド・ベルトリッチ)
          ・『現代やくざ 人切り与太』(1972 深作欣二)
          ・『ワイルド・バンチ』(1969 サム・ペキンパー)


          8sevenstars8 * 読書いろいろ * 14:25 * comments(2) * trackbacks(0) * - -
          このページの先頭へ