<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ゴモラ | main | BIUTIFUL & ツリー・オブ・ライフ >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    花の白虎隊

    0
       『花の白虎隊』は、1954年の大映の作品。
      その名の通り白虎隊の悲劇を描いた話。
      特に可もなく不可もなく、観る必要もない映画。

      ただ注目すべきは、市川雷蔵と勝新太郎のデビュー作である、点!
      他にも若手スターがこの映画でたくさんデビューしているらしいので、どうやら一気にデビューさせる
      ために「白虎隊」というテーマを扱った模様。

      二人ともまだ二十代半ばで、当たり前だけどめちゃくちゃ若い!
      役によって自在に姿・イメージを変えてしまえる雷蔵も、強烈な個性と魅力で役を自分のものにできる勝新も、この映画だと大勢の中の一人に過ぎなくて、それが逆に面白かった。
      特に勝新、細いし優等生みたいな役だし、これじゃ人気でないだろ〜っていう。笑。


      8sevenstars8 * 映画 * 11:37 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 11:37 * - * - * - -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ