<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 英雄豪傑 | main | 最近観た映画〜邦画編〜 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    最近観た映画〜洋画編〜

    0
       ★洋画

      『ドラゴンタトゥーの女』


      デヴィッド・フィンチャー監督の話題作、観てきました。

      落ち目の記者が北欧の閉鎖的な島で昔起こった失踪事件を捜査することになって、調べて行くうちにそこには驚くべき秘密が・・・みたいな話。
      いかにも近代的なサスペンスで、展開が早いから着いて行けなくなることもあったけど、かなり面白かった。
      犬神家なみにおどろおどろしい島の雰囲気もステキ。
      あと音楽が良かった!さすがトレント・レズナー、機械っぽい硬質な音が映画にピッタリ!

      まあでも、なんといってもリスベットちゃんの魅力が一番。
      カッコイイ系かと思いきや、とんだカワイイ系・・・!
      細い体につっけんどんな態度がたまりません。
      そして狂気を感じる復讐の仕方と、一途に恋してしまうギャップが、最高。かわいい。
      でもミカエル(ダニエル・クレイグ)の意志の弱さはちょっとひどい。流されすぎ。かっこわるいな〜。笑ったけど。

      次作以降、彼女の過去が明かされていくのかな?


      『アーティスト』


      こちらも話題作。フランスの白黒無声映画。
      ミシェル・アザナヴィシウス監督。

      予想よりずっと良かった〜!
      内容そのものは普通のラブコメなんだけど、サイレント→トーキーの転換期を舞台にすることで新鮮な映画になってて、普通に感動。
      あとは下って行くばかりの忘れられたサイレント映画のスター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)と、トーキーの新進女優ペピー・ミラー(ベレニス・べジョ)、って設定も良かった。

      で、私にとってサイレント期のスターといえばルドルフ・ヴァレンティノ様↓

      で、この映画の喜劇スターって感じの演技はあんまり馴染みないものだったから、そこも面白かった。

      ペピーの、当時の「解放された新しい女性」って感じ、かわいかったー。
      ファッションで、私の憧れの女性「はいからさんが通る」の北小路環を思い出した。

      それから

      ジョージの犬❤
      かわいい・・・!この子は賢さ忠実さで超重要な役割を演じている!
      助演男優(女優)賞でしょ!


      8sevenstars8 * 映画 * 11:02 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 11:02 * - * - * - -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ