<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 最近観た映画〜洋画編〜 | main | Kori Kori Kori... >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    最近観た映画〜邦画編〜

    0
      ★邦画

       『銭形平次捕物控 幽霊大名』 (1954・大映)


      市川雷蔵デビュー2作目で、主演は長谷川一夫。
      雷蔵さん、まだあどけない感じですね。上品。
      ちなみに長谷川一夫の銭形平次シリーズとしては7作目にあたるらしいんだけど、私は初めて観ました。
      まあ、銭形平次が必ず丸く収める、と分かっている安心感を持ったよくある時代劇。
      内容というより、独特のセリフ回しとかを楽しんでみた。
      ガラッパチの八五郎(渡辺篤)がいい味出してました。


      『次男坊判官』 (1955・大映)


      今度は市川雷蔵主演。
      途中まで気付かなかったのだけど、「遠山の金さん」の役だった!
      遠山の金さんの若き日を描いてます。
      兄を差し置いて家を継ぐのが嫌で、武士をやめ勇ましい刺青を入れて町人になった金さん、江戸弁をまねて喋るところが可愛らしかった。
      美男で剣も喧嘩も強い金さんはモテモテだけど、特に惚れていたのが寿女郎(浅茅しのぶ)とお八重(峰幸子)。
      「お八重ちゃんはほんとに良い子だから」
      と言って自分は身を引き、影で涙をぬぐう寿さんに惚れました。お姐さん!!!強がる美女が好き。

      それから、羅門光三郎の演技が観れたのも私的にはポイント。

      『十兵衛暗殺剣』 (1964・東映)


      渋谷シネマヴェーラにて観てきました。

      将軍家の指南役、柳生十兵衛に幕屋大休が我こそ正統、といって挑戦状を叩きつけ、琵琶湖の竹生島で決闘する話。
      柳生十兵衛を演じるのが近衛十四郎。松方弘樹のお父さん。
      幕屋大休は、大友柳太朗。

      幕屋が十兵衛に斬りかかり、平気な顔をして受け止めたはいいけど、実は胸の辺りの服が切れていた・・・というシーンがかなりカッコよかった!
      それから、柳生側の新陰流の門弟たちが大勢で吉原帰りの幕屋を襲撃したシーン。
      幕屋は、余裕で斬りまくり。刀は抜かず、脇差一本だけで次々に殺していく。
      返り血が足に降りかかると、平然と下駄を脱ぐところも、人を斬りなれている男、って感じでかっこよかった。さすが!みたいな。

      竹生島での決戦で面白いと思ったのは、「湖賊(こぞく)」の利用。
      湖賊とは「山賊」「海賊」と同じで、湖を自在に泳ぎ回り、小舟に乗った商人などを襲う賊のことをいうらしい。
      で、十兵衛らを島に呼び寄せた幕屋一味は、この湖賊を利用して十兵衛以外全員を殺してしまう。
      真っ暗闇の中、勝手知ったる賊どもに襲われちゃあひとたまりもありません。
      むしろ十兵衛が逃れられたのは奇跡w

      で。
      最終的に十兵衛VS幕屋の決闘シーンになる。
      ここでちょっと残念なのが、上述の湖賊が使う鉄の武器を使って勝負が決まるところ。
      もっと殺陣で魅せてほしかったかなーという気もする。
      ま、でも、それは他の作品で楽しめということなのでしょう。
      何はともあれ、面白かった〜。


      『天狗飛脚』 (1949・大映)


      これも同じくシネマヴェーラで。
      主演は市川右太衛門。北大路欣也のお父さんです。

      飛脚屋(っていうのかな?)の老舗「天狗屋」は、近所の「亀屋」に押されて今は見る影もない状態。
      とうとう潰れる、というときに、江戸から京まで往復6日で走れる凄い人「天狗の長太」が現れて、たちまち大評判に!
      でも上手くいかないもので、長太は「あまりにも速すぎる」ということで、逃げ足の速いことで有名な
      泥棒の嫌疑を受ける。
      まーそれですったもんだあるけど結局ハッピーエンド☆
      というお話。

      コメディ映画ですね。普通に笑えた。
      特に、天狗屋のおとぼけトリオが見せる絶妙のギャグが良かった(笑)。
      ちなみにこのトリオの中の一人、「へちまの辰」が羅門光三郎だった。
      「剣戟スター」と聞いているのに、なかなかそういう役がみれないなあ。戦前の作品を探さなきゃいけないのか。

      走って走って走りまくる大スター、ってとこも笑えたな。

      でも、一番良かったのは奉行所の役人役だった志村喬!
      偉い人なんだけどすっとぼけてて、出てくる度に笑わせてた。
      なんでも出来て凄いな〜。私この人大好きだわ。

      8sevenstars8 * 映画 * 14:59 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 14:59 * - * - * - -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ