<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Laurence Anyways | main | 若さと美貌は衰える >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    総括・反省・抱負

    0

      あけましておめでとうございます。
      2013年はさぼり癖がついて全然更新しなくなった年でした…^^;
      今年からは月末にまとめてレビューしようかな!
      週末、と言いたいところだけど、土日は基本家にいないから絶対有言不実行になってしまう笑。
      ということで、目標=月一更新で頑張ります!

      忙しくなったのもあって読んだ本の冊数が例年より40冊くらい減ってます。悲しい;;
      今年からは短い時間にも集中して読めるようにしよう。

      特徴としては、ラテンアメリカ文学にはまったこと!
      集英社文庫『ラテンアメリカ五人集』を読んだのがきっかけになりました。
      わずか600円で有名ラテアメ作家さんたちの短編が読めるという素晴らしい一冊!
      他のも復刊してほしいな〜。どうやら今はボルヘス『砂の本』とマルケス『族長の秋』とプイグ『蜘蛛女のキス』くらいしか
      出ていないよう。

      上半期は中上健次もよく読んだ。後期の路地小説から入ったので、初期の自意識バリバリの小説には時代を感じて興味深かった。これはこれで好き。

      読み逃してきた名作・大作を読もうシリーズでは、
      ナボコフ『ロリータ』、フォークナー『サンクチュアリ』、ガルシア=マルケス『百年の孤独』を消化!
      『ロリータ』の技巧的な文章は苦手だったけど、ロリータがニンフェットでなくなってもその香りを思い出して燃え上がるだろう自分・ロリータの心理をまったく想像していなかった自分に気付く主人公の描写がすごく良かった。てか、ちょっと「風と木の詩」のジルベールみたいだな、ロリータ。
      フォークナーはダメだった〜。なんでだろう。。
      マルケスは読後の疲労感が半端なかったけど文句のつけようのない傑作でした・・・。これ読んでなかったのは本当勿体なかった。
      刺青だらけのホセ・アルカディオが好きです。興奮します。
      来年は『ドン・キホーテ』を消化したいな〜。

      新刊では、
      ・ビオイ=カサーレス『パウリーナの思い出に』
      ・大泉黒石『黄夫人の手 黒石怪奇物語集』
      ・ローラン・ビネ『HHhH』
      ・西崎憲(編訳)『怪奇小説日和』

      が面白かった〜!
      河出書房さん、大泉黒石の他の小説も是非出してほしいです。絶対買います〜!

      小説以外なら、鹿島茂『昭和怪優伝』がダントツで面白かった!!!!!!!
      正統派嫌いの悪役好きなら「わかるわかる!!」とか言いながら読むしかない。
      天地茂が「色悪」とか、わかるわ〜!
      ぜひ続編で若き日の丹波哲郎について書いてほしい!

      次点で風野春樹『島田清次郎 誰にも愛されなかった男』。
      大泉黒石が登場したのも興味深い。でも、青空文庫で島田清次郎『地上』を落としてみたら目が疲れて途中で断念w
      それはともかく、一気に読ませる良い本でした。
      しかし世の中知らない作家だらけだな・・・。

      読んでいて悲しくなったのは島崎今日子『安井かずみがいた時代』。
      安井かずみって凄いカッコイイ女なのかと思って読んだんだけど、悲しい人だった。

      故・中島らもの奥さん、中島美代子さんが書いた『らも 中島らもとの三十五年』も、らもファンとしては、こんな裏側があったのか〜としみじみしたり。これもある意味悲しくなった本だ・・・でも読んでよかった。
      「俺はいいけどお前はダメ!」と言っちゃえばよかったんだよねー。たぶん。
      言えないところが「らしい」のだけど。しかしミィさんめちゃくちゃぶっ飛んでいる・・・。そういう意味でもかなり面白かった。

      最近テレビでもよく見かける百田尚樹の小説は、確かに上手いし細部もちゃんとこだわってるし売れるのは納得なんだけど、愛と情熱を感じず、深みが無いので、嫌いです。一回読んで消費すればそれでいいって感じ。

      漫画でハマったのは、今更かもしれないけど『闇金ウシジマくん』!!
      リアルな怖さが病みつきになる。そして意外と深い。
      後味悪い系の話が特に好き。
      で、ドラマ版について。
      片瀬那奈の存在理由がわからない、という以外は最高だったとおもいます。笑。
      ああいう原作にない意味不明なヒロインを出したがる風潮はなんなの?誰も喜ばないと思うんだけど。
      「こんなの間違ってる!」とか、闇金に自分から働きに来といてなんなんだよ。都合のいいときだけ汚い言葉使うし、そもそも下手。
      映画版の大島優子は可愛いし演技うまいし、役に合ってて良かった!

      ドラマといえば、瑛太&松田龍平主演のまほろシリーズはまりました〜。松田龍平すきだー
      性善説なんだけど面白い。あー便利屋の友達の家に居候したい・・・。

      えすとえむさんの闘牛漫画『ゴロンドリーナ』も続きがきになる!


      以下、記録。★★★★★が最高得点^^
      ☆本
      1.私は幽霊を見た/東雅夫・編/メディアファクトリー ダ・ヴィンチ文庫 ★★★
      2.Der Sarg des Riesen/Victor Hedwiger ★★
      3.フィッシュストーリー/伊坂幸太郎/新潮文庫 ★★
      4.世界幻想文学大全◆_奇小説精華/東雅夫・編/ちくま文庫 ★★★★★
      5.超男性/アルフレッド・ジャリ/澁澤龍彦/白水Uブックス ★★★
      6.淫女と豪傑/武田泰淳/中公文庫 ★★★
      7.日輪の翼/中上健次/河出文庫 ★★★★
      8.世界幻想文学大全 仝諺枴験愼門/東雅夫・編/ちくま文庫 ★★★
      9.一九歳の地図/中上健次/河出文庫 ★★★
      10.アサイラム・ピース/アンナ・カヴァン/山田和子/国書刊行会 ★★
      11.安井かずみがいた時代/島崎今日子/集英社 ★★
      12.岬/中上健次/文春文庫 ★★★
      13.死都ブリュージュ/ローデンバック/窪田般彌/岩波文庫 ★
      14.スミヤキストQの冒険/倉橋由美子/講談社文芸文庫 ★★★★
      15.毒薬としての文学/倉橋由美子/講談社文芸文庫 ★★★
      16.ジョゼと虎と魚たち/田辺聖子/角川文庫 ★★★★
      17.中上健次全集1/中上健次/集英社 ★★★
      18.アムネジア/稲生平太郎/角川書房 ★★
      19.らも―中島らもとの三十五年―/中島美代子/集英社文庫 ★★★★★
      20.アクアリウムの夜に/稲生平太郎/角川スニーカー文庫 ★★★★
      21.九十九怪談 第三夜/木原浩勝/角川文庫 ★★
      22.桐島、部活やめるってよ/朝井リョウ/集英社文庫 ★★★
      23.枯木灘/中上健次/河出文庫 ★★★★★
      24.日本の路地を旅する/上原義弘/文春文庫 ★★
      25.存在の耐えられない軽さ/ミラン・クンデラ/千野栄一/集英社文庫 ★★★★★
      26.新宿遊牧民/椎名誠/講談社文庫 ★
      27.インカ帝国ー太陽と黄金の民族/カルメン・ベルナン/大貫良夫/創元社 ★★
      28.女の日記/宇野千代/講談社文芸文庫 ★★★
      29.ラテンアメリカ五人集/ホセ・エミリオ・パチェーコ他/安藤哲行他/集英社文庫 ★★★★★
      30.島田雅彦芥川賞落選作全集(上)/島田雅彦/河出文庫 ★★
      31.ともだち刑/雨宮処凛/講談社文庫 ★ 
      32.犯罪/フェルディナント・フォン・シーラッハ/酒寄進一/東京創元社 ★★★★
      33.遊戯の終わり/フリオ・コルタサル/木村榮一/岩波文庫 ★★★★★
      34.生きている過去/アンリ・ド・レニエ/窪田般彌/岩波文庫 ★
      35.ティル・オイゲンシュピーゲルの愉快ないたずら/阿部勤也(訳)/岩波文庫 ★★★
      36.恋しぐれ/葉室麟/文春文庫 ★★★
      37.八月の暑さのなかで/ポー他/金原瑞人/岩波少年文庫 ★★★★
      38.悪魔の涎・追い求める男 他八編/フリオ・コルタサル/木村榮一/岩波文庫 ★★★★★
      39.爪と目/藤野可織/文芸春秋 ★
      40.無分別/オラシオ・カスティジャーノス・モヤ/細野豊/白水社 ★★
      41.タイタンの妖女/カート・ヴォネガット・ジュニア/朝倉久志/早川書房 ★★★★★
      42.爆発道祖神/町田康/角川文庫 ★★
      43.島田清次郎 誰にも愛されなかった男/風野春樹/本の雑誌社 ★★★★
      44.アンドロイドは電気羊の夢を見るか?/フィリップ・K・ディック/朝倉久志/早川書房 ★★★
      45.化粧/中上健次/講談社文庫 ★★★
      46.モンスター/百田尚樹/幻冬舎文庫 ★★★
      47.日本幻想文学大全 仝戸鼎凌緻/東雅夫・編/ちくま文庫 ★★★★★
      48.黄夫人の手 黒石怪奇物語集/大泉黒石/河出文庫 ★★★★
      49.ねじの回転/ヘンリー・ジェイムズ/土屋政雄/光文社古典新訳文庫 ★★★★
      50.パウリーナの思い出に/アドルフォ・ビオイ=カサーレス/高岡麻衣・野村竜仁/国書刊行会 ★★★★★
      51.ホテルローヤル/桜木柴乃/集英社 ★★★
      52.砂の本/ホルヘ・ルイス・ボルヘス/篠田一士/集英社文庫 ★★★
      53.百年の孤独/ガルシア=マルケス/鼓直/新潮社 ★★★★★
      54.うたかたの日々/ボリス・ヴィアン/伊東守男/早川書房 ★★★
      55.昭和怪優伝/鹿島茂/中公文庫 ★★★★★
      56.ぶるうらんど 横尾忠則幻想小説集/横尾忠則/中公文庫 ★★★★
      57.塩の像/レオポルト・ルゴーネス/牛島信明/国書刊行会 ★★★★
      58.HHhH プラハ、1942年/ローラン・ビネ/高橋啓/東京創元社 ★★★★
      59.笛吹川/深沢七郎/講談社文芸文庫 ★★
      60.夜になるまえに ある亡命者の回想/レイナルド・アレナス/安藤哲行/国書刊行会 ★★★★★
      61.サンクチュアリ/ウィリアム・フォークナー/加藤祥造/新潮文庫 ★
      62.ガラスの街/ポール・オースター/柴田元幸/新潮文庫 ★★★
      63.怪奇小説日和 黄金時代傑作選/西崎憲(編訳)/ちくま文庫 ★★★★
      64.ロリータ/ウラジーミル・ナボコフ/若島正/新潮文庫 ★★★
      65.オスカー・ワオの短く凄まじい人生/ジュノ・ディアス/都甲幸治・久保尚美/新潮クレストブックス ★★★

      〜映画〜
      全体的に洋画多めでした。
      まずは新作について。
      「愛、アムール」「わたしはロランス」「ムード・インディゴ」の三作、私の中では”2013年愛三部作”と勝手に思っています(笑)。
      観た後無性に語り合いたくなる。
      人の疑いを晴らすことの難しさを思って怖くなる「偽りなきもの」もよかったなー!マッツ・ミケルセンかっこいい!
      本物の囚人が演じるシェイクスピア「塀の中のジュリアス・シーザー」も面白かった。

      エンタメ部門では、超能力もの「クロニクル」がダントツ1位!
      でもこれもまた、愛を得たいという渇望が満たされなかったときの恐ろしさを感じた。。
      次点で、ホラーのセオリーを逆に利用した「キャビン」!
      タランティーノ新作「ジャンゴ」も普通に面白かった。奴隷だったジャンゴが白人どもを倒したあとでヒップホップが流れ出すシーン、めちゃくちゃ燃えた。笑。
      スヌープ・ドッグのドキュメンタリー「スヌープ・ドッグ」もよかったースヌープおしゃれ!
      こちらは、映画撮影時はギャングスタ・ラップを捨ててラブ&ピースになったはずのスヌープさんと、笑顔で応じてたラスタファリのバニー・ウェイラーがFワード連発で罵り合っている、という後日談も含めて楽しめる(笑)。

      唯一観た邦画の新作「千年の愉楽」は、若松孝二の遺作で原作も大好きなので期待してたのだけど、ちょっと残念な印象だった・・・。
      若すぎるんだよな〜化粧とか髪形とか車とか。特に化粧は、気になって仕方ないレベルにイマドキで…(笑)。
      半蔵は長髪時代の原田芳雄にやってもらいたかった…。

      ちなみにワースト3は、「オン・ザ・ロード」「偽りの人生」「ザ・パック」でした〜。



      赤:2度以上観た映画  青:映画館で観た映画
      1.イレイザーヘッド(’77/デヴィッド・リンチ監督/米) ★★
      2.オーディション(’99/三池崇/日)★★
      3.ブラック・スワン(’10/ダーレン・アロノフスキー/米)★★

      4.大人は判ってくれない(’59/フランソワ・トリュフォー/仏)★★★★
      5.やくざの墓場 くちなしの花(’76/深作欣二/東映)★★★★
      6.仁義の墓場(’75/深作欣二/東映)★★★★
      7.レ・ミゼラブル(’10/トム・フーパー/米)★★★
      8.フリーランサー NY捜査線(’12/ジェシー・テレロ/米)★★★
      9.天使の恍惚(’72/若松孝二/ATG)★★
      10.水のないプール(’82/若松孝二/日)★★★
      11.私が、生きる肌(’11/ペドロ・アルモドバル/西)★★
      12.裏切りのサーカス(’11/トーマス・アルフレッドソン/米&仏)★★★★
      13.ラム・ダイアリー(’11/ブルース・ロビンソン/米)★★★★
      14.海燕ホテル・ブルー(’12/若松孝二/日)★
      15.飛行士の妻(’80/エリック・ロメール/仏)★★
      16.友だちの恋人(’87/エリック・ロメール/仏)★★★★
      17.潜水服は蝶の夢を見る(’07/ジュリアン・シュナーベル/仏)★★★★
      18.塀の中のジュリアス・シーザー(’12/タヴィアーニ兄弟/伊)★★★★
      19.セルピコ(’73/シドニー・ルメット/米)★★★
      20.ペルシャ猫を誰も知らない(’10/バフマン・ゴバディ/イラン)★★★
      21.桐島、部活やめるってよ(’12/吉田大八/日)★★★★
      22.木村家の人びと(’88/滝田洋二郎/ヘラルド)★
      23.それでも、愛してる(’11/ジョディ・フォスター/米)★★★
      24.ドリームハウス(’11/ジム・シェリダン/米)★★★ 
      25.十二人の怒れる男(’57/シドニー・ルメット/米)★★★★
      26.ムカデ人間2(’12/トム・シックス/蘭)★★★★
      27.ナチス・イン・センター・オブ・ジ・アース(’12/ジョセフ・J・ローソン/米)★
      28.パラノーマル・ショッキング(’10/ミゲル・ゴメス/コスタリカ)★
      29.ジャンゴ 繋がれざる者(’13/クエンティン・タランティーノ/米)★★★★
      30.J・エドガー(’11/クリント・イーストウッド/米)★★★★
      31.セカンド・カミング(’12/マーシャル・レウィ/米)★★★★★
      32.ファウスト(’11/アレクサンドル・ソクーロフ/露)★★★
      33.自転車泥棒(’48/ヴィットーリオ・デ・シーカ/伊)★★★
      34.トレインスポッティング(’96/ダニー・ボイル/伊)★★★★
      35.レザボア・ドッグス(’92/クエンティン・タランティーノ/米)★★★★
      36.愛、アムール(’12/ミヒャエル・ハネケ/墺&仏&独)★★★★★
      37.道(’54/フェデリコ・フェリーニ/伊)★★★★
      38.プライベート・ライアン(’98/スティーブン・スピルバーグ/米)★★★
      39.エレファント(’03/ガス・ヴァン・サント/米)★★★★★
      40.千年の愉楽(’13/若松孝二/若松プロ)★★★
      41.スクリーム(’96/ウェス・クレイヴン/米)★★★
      42.キャビン(’11/ドリュー・ゴダード/米)★★★★
      43.まほろ駅前多田便利軒(’11/大森立嗣/日)★★★★
      44.腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(’07/吉田大八/日)★★★★
      45.私の奴隷になりなさい(’12/亀井亮/角川映画)★★★
      46.アヒルと鴨のコインロッカー(’07/中村義洋/日)★★★
      46.父 パードレ・パドレーネ(’77/タヴィアーニ兄弟/伊)★
      48.ザ・パック 餌になる女(’10/フランク・リチャード/仏)★
      49.偽りなき者(’12/トマス・ヴィンターベア/デンマーク)★★★★
      50.リンカーン(’12/スティーブン・スピルバーグ/米)★★★★
      51.ジョゼと虎と魚たち(’03/犬童一心/日)★★★★
      52.息もできない(’09/ヤン・イクチュン/韓国)★★★★★
      53.ヒストリー・オブ・バイオレンス(’05/デヴィッド・クローネンバーグ/加&米)★★
      54.恋の門(’04/松尾スズキ/日)★★★★
      55.さらば箱舟(’84/寺山修二/ATG)★★★
      56.夢売るふたり(’12/西川美和/日)★★
      57.死刑執行人もまた死す(’43/フリッツ・ラング/米)★★★★★
      58.マンハント(’41/フリッツ・ラング/米)★★
      59.真夜中のカーボーイ(’69/ジョン・シュレンジャー/米)★★★★ 
      60.サマリア(’04/キム・ギドク/韓)★★★
      61.うつせみ(’04/キム・ギドク/韓)★★
      62.L.A ギャングストーリー(’13/ルーベル・フライシャー/米)★★★
      63.怪談新耳袋劇場版(’04/日)★★★
      64.ギルバート・グレイプ(’93/ラッセ・ハルストレム/米)★★★
      65.天才執事ジーヴス(’92/英)★★
      66.Ray/レイ(’04/テイラー・ハックフォード/米)★★★★★
      67.レスラー(’08/ダーレン・アロノフスキー/米)★★★★★
      68.マッドマックス(’79/ジョージ・ミラー/豪)★★★
      69.嘆きのピエタ(’12/キム・ギドク/韓)★★
      70.フレンチ・コネクション(’71/ウィリアム・フリードキン/米)★★★★
      71.キッドナップ・ブルース(’82/浅井慎平/ATG)★★
      72.マッドマックス2(’81/ジョージ・ミラー/豪)★★★
      73.ゾンビランド(’09/ルーベル・フライシャー/米)★★★★
      74.冒険者たち(’67/ロベール・アンリコ/仏)★★★★★
      75.エヴァの匂い(’62/ジョセフ・ロージー/仏)★★★★
      76.スタンド・バイ・ミー(’86/ロブ・ライナー/米)★★★★★
      77.コレクター(’65/ウィリアム・ワイラー/米)★★
      78.偽りの人生(’12/アナ・ピーターバーグ/アルゼンチン)★
      79.居酒屋(’56/ルネ・クレマン/仏)★★
      80.YOUNG YAKUZA(’08/ジャン=ピエール・リモザン/仏)★★★★
      81.ゲット・リッチ・オア・ダイ・トレイン(’05/ジム・シェリダン/米)★★★★
      82.BROTHER(’01/北野武/日)★★★★
      83.ソラリス(’02/スティーブン・ソダーバーグ/米)★★★
      84.スヌープドッグ ロード・トゥ・ライオン(’13/アンディ・キャッパー/米)★★★★
      85.夜になるまえに(’01/ジュリアン・シュナーベル/米)★★★★★
      86.気狂いピエロ(’65/ジャン=リュック・ゴダール/仏)★★★★
      87.死刑台のエレベータ(’58/ルイ・マル/仏)★★★★
      88.ソナチネ(’93/北野武/日)★★★★★
      89.ペーパーボーイ 真夏の引力(’13/リー・ダニエルズ/米)★★
      90.欲望(’67/ミケランジェロ・アントニオーニ/英&伊)★★★
      91.テトロ 過去を殺した男(’09/フランシス・フォード・コッポラ/米)★★★
      92.奇談(’05/小松隆志/日)★
      93.ワールド・ウォーZ(’13/マーク・フォースター/米)★★★
      94.SR サイタマノラッパー(’09/入江悠/日)★★★★★
      95.地下室のメロディー(’63/アンリ・ヴェルヌイユ/仏)★★★★★
      96.ドラキュラ(’92/フランシス・フォード・コッポラ/米)★★★
      97.28日後…(’02/ダニー・ボイル/英)★★★
      98.28週後…(’07/ファン・カルロス・フレスナディージョ/英)★★★★
      99.こわれゆく女(’74/ジョン・カサヴェテス/米)★★★★
      100.ラヴ・ストリームス(’84/ジョン・カサヴェテス/米)★★★★
      101.アメリカン・ヒストリーX(’98/トニー・ケイ/米)★★★★★
      102.アンダーワールド ビギンズ(’09/パトリック・タトポロス/米)★
      103.イースタン・プロミス(’07/デヴィッド・クローネンバーグ/米)★★★★★
      104.夜(’61/ミケランジェロ・アントニオーニ/伊)★★★
      105.市民ケーン(’41/オーソン・ウェルズ/米)★★★
      106.そして友よ、静かに死ね(’11/オリヴィエ・マルシャル/仏)★★★
      107.ブエノスアイレス(’97/王家衛/香港)★★★
      108.パシフィック・リム(’13/ギレルモ・デル・トロ/米)★★★★
      109.ミスター・ロンリー(’07/ハーモニー・コリン/英&米&仏)★★★
      110.スプリング・ブレイカーズ(’12/ハーモニー・コリン/米)★★
      111.狂気の桜(’02/薗田賢次/日)★★★★
      112.わたしはロランス(’12/グザヴィエ・ドラン/仏)★★★★★
      113.大鹿村騒動記(’11/阪本順治/日)★★★★★
      114.ソーシャル・ネットワーク(’10/デヴィッド・フィンチャー/米)★★
      115.ブレードランナー(’82/リドリー・スコット/米)★★★★
      116.切腹(’62/小林正樹/松竹)★★★★★
      117.ヤング・ゼネレーション(’79/ピーター・イェーツ/米)★★★★
      118.世界にひとつのプレイブック(’12/デヴィッド・O・ラッセル/米)★★★
      119.最強のふたり(’11/エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ/仏)★★★★
      120.キャンディ(’06/ニール・アームフィールド/豪)★★★★
      121.クロニクル(’13/ジョシュ・トランク/米)★★★★★
      122.黒いオルフェ(’59/マルセル・カミュ/仏&伊&爾)★★★★
      123.フッテージ(’12/スコット・デリクソン/米)★★★
      124.カッコーの巣の上で(’75/ミロシュ・フォアマン/米)★★★
      125.上意討ち 拝領妻始末(’67/小林正樹/東宝)★★
      126.DOCUMENTARY of AKB48 少女たちは傷つきながら夢を見る(’12/高橋栄樹/日)★★★
      127.ムード・インディゴ うたかたの日々(’13/ミシェル・ゴンドリー/仏)★★★★★
      128.偽大学生(’60/増村保造/大映)★★★★
      129.妻は告白する(’61/増村保造/大映)★★★★
      130.無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた(’72/池広一夫&瀬川淑/東宝)★★★
      131.人生はビギナーズ(’12/マイク・ミルズ/米)★★★
      132.野良犬(’66/井上芳夫/大映)★★
      133.女体(’69/増村保造/大映)★
      134.赤西蠣太(’36/伊丹万作/日活)★★★
      135.シン・シティ(’05/フランク・ミラー他/米)★★
      136.鉄砲玉の美学(’73/中島貞夫/ATG)★★★★★
      137.女は二度生まれる(’61/川島雄三/大映)★★★★
      138.ダイアナ・ヴリーランド 伝説のファッショニスタ(’11/米)★★★

      139. ビル・カニンガム&ニューヨーク(’10/リチャード・プレス/米)★★★★
      140.友よ、静かに瞑れ(’85/崔洋一/角川)★★★
      141.映画に愛をこめて アメリカの夜(’73/フランソワ・トリュフォー/仏)★★★★
      142.マラヴィータ(’13/リュック・ベッソン/米)★★★
      143.ザ・ビーチ(’00/ダニー・ボイル/米)★
      144.華やかな女豹(’69/江崎実生/日活)★
      145.サンキュー・スモーキング(’05/ジェイソン・ライトマン/米)★★★★
      146.007 スカイフォール(’12/サム・メンデス/米)★★★★
      147.YES/NO(’12/エンリコ・クレリオ・ナジーノ/米&伊)★★
      148.オン・ザ・ロード(’12/ウォルター・サレス/米)★★
      149.菊次郎の夏(’99/北野武/日)★★★
      150.狂熱の季節(’60/蔵原惟繕/日活)★★★★
      151.執炎(’64/蔵原惟繕/日活)★★★
      152.グッドフェローズ(’90/マーティン・スコセッシ/米)★★★★★
      153.ゴッドファーザー(’72/フランシス・フォード・コッポラ/米)★★★★★
      154.ボーイ・ミーツ・ガール(’84/レオス・カラックス/仏)★★
      155.汚れた血(’86/レオス・カラックス/仏)★★
      156.座頭市(’03/北野武/日)★★
      157.007 カジノ・ロワイヤル(’06/マーティン・キャンベル/米)★★★
      158.ある脅迫(’60/蔵原惟繕/日活)★★★★
      159.黒い太陽(’64/蔵原惟繕/日活)★★
      160.バタフライ・エフェクト2(’06/ジョン・R・レオネッティ/米)★★★
      161.アレキサンダー(’04/オリヴァー・ストーン/米)★★★★

      162.闇金ウシジマくん(’12/山口雅俊/日)★★★★
       

      8sevenstars8 * - * 15:57 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 15:57 * - * - * - -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ